脊柱起立筋という筋肉について

脊柱起立筋は首の後ろ側から腰の下まで走っている非常に長い筋肉です

脊柱起立筋のイラスト

このイラストの様に棘筋・最長筋・腸肋筋からなる筋肉です

 脊柱起立筋の人体における役割とは?

脊柱起立筋はその名前の通り体を「起立」させるための筋肉です

脊柱の横を走り、背骨を支えてくれています。

起立筋がなければ体を反ることはもちろん、姿勢を保つことすら不能になります

脊柱起立筋は体を反った時に縮んで

体を前にかがんだり丸めた時に伸ばされます。

 脊柱起立筋が原因となる症状とは?

起立筋は首から腰まで走っているのでさまざまな部位に関係しています

など、幅が非常に広いです

 脊柱起立筋はダメージを受けやすい??

脊柱起立筋は人間の体幹を支えるための非常に重要な筋肉であるため

他の筋肉と比べても強く太くできております

そのため、丈夫なのは間違いありませんが実は疲労しやすいのです

何故かというと、脊柱起立筋は寝ているとき以外のほぼすべての時間で

活動しているので、疲労が少しずつ積み重なってしまうのです

座っていても姿勢を維持するために起立筋が使われています

しかも、重たい上半身を長時間支えるのでなおさらです


まさしく要の筋肉になりますので背中や腰に異常を感じたら

脊柱起立筋の不調をまず疑って、必ず整体を受けるようにしましょう