胸鎖乳突筋について

胸鎖乳突筋は体の前方から頭を支えている首の重要な筋肉です

胸鎖乳突筋の画像

上の画像の赤い部分が胸鎖乳突筋です

 胸鎖乳突筋の役割

この筋肉はのどの側面より出て左右から頭を支えています

胸鎖乳突筋は頭を前に傾けたり、右を向く 左を向くなど

首の回旋運動を補助する筋肉です。

また、頭に対しての外力を和らげる役割もあり

例えば前方からの衝撃を受けた際

この筋肉がないと頭がカクッと後方へ動いてしまうため危険です

胸鎖乳突筋に力を入れると首はしっかりと固定されます

頭に衝撃を受けることが多い、ボクサーやプロレスラーは

トレーニングによりこの筋肉がとても発達しています

 胸鎖乳突筋がダメージを受けたり、疲労するときはどんなときか

胸鎖乳突筋に過度な負担がかかる可能性が一番高いのはむち打ちです

交通事故では非常に強い衝撃が体(特に首から頭部)に加わります

その衝撃から頭を守るために首の筋肉は衝撃を吸収します

しかし、急激に負荷がかかるのでダメージを受ける可能性が高いのです

実際に当院に来院されたむち打ちの患者様はほとんどが胸鎖乳突筋

ダメージを受けていらっしゃいます

交通事故以外にも胸鎖乳突筋を疲労させる原因があります

それはデスクワークで長時間同じ姿勢をしている方です

長時間首の筋肉で頭を支えているので疲労が蓄積しています

また、慢性的な首痛の原因の多くは胸鎖乳突筋が関係しています

 胸鎖乳突筋を治療するには

胸鎖乳突筋の周りには喉や動脈があるため素人が下手に押し込んだりするのは避けてください

必ず筋肉に対して専門的な知識や臨床経験がある院に相談してください

当院はトリガーポイントという特殊な手技にて首を整体いたしますので

滋賀県にお住いの方は是非ご相談ください