前脛骨筋について

前脛骨筋ってどこの筋肉?

普段あまり耳にしない前脛骨筋ですが、どの部分かご存知ですか?

前脛骨筋とは文字通り、「脛骨の前にある筋肉」です。

前脛骨筋の位置イラスト

赤く色が変わっている部分が前脛骨筋に当たります

 前脛骨筋はどんな働きがあるのか??

前脛骨筋は足首の動きに関係します。

  •  足首関節の背屈(つま先を上に上げる動作)
  •  足首関節の内反(足の裏を内側に向ける動作)

主にこの二つの動きを担っています

この筋肉は歩行に深くかかわっていて

歩く際の一歩一歩で必ずこちらの筋肉が使われています

また、足の裏のアーチ(土踏まず)を維持する機能もあるので

前脛骨筋の筋が弱まると偏平足になってしまう可能性もあります

 前脛骨筋が悪くなる・弱まるのはどんな時か?

最も大きく影響を受けるのは足首の捻挫をした後です

足首の捻挫により直接的に負傷するのは靭帯や腱ですが

その後、それらの靭帯や腱が回復するまでに、前脛骨筋が満足に

使えなかったり、患部をかばったりするので

筋力が弱ったり、固まってしまったりしてしまう可能性が高いのです

 この筋肉が弱まるとどうなるか?

捻挫をした後に、ある程度時間が経った時に

「痛みはかなり引いたけど、なんだか動きが悪い・・・」

これは捻挫の影響で前脛骨筋の柔軟性が低下してしまっている状態です

  •  足首の動きが以前より悪くなった
  •  足首に違和感を感じる

このような時は前脛骨筋にその原因がある可能性が高いので

まずは専門家である、当整体にご相談ください