僧帽筋ってどんな筋肉??

やまもと鍼灸整骨院、整体師による解説

僧帽筋とはまさに肩の筋肉そのものです

souboukin.jpg

上のイラストの赤く色がついている部分が僧帽筋です

僧帽筋について簡単にご存知の方は

「意外と大きい筋肉だな」と思われたのではないでしょうか?

僧帽筋と言うと肩の筋肉のイメージしかありませんが

実は背中の下の方まで縦にも長く続いているのです

 僧帽筋の役割とは??

僧帽筋肩甲骨を動かすことが出来ます

僧帽筋の上の繊維(肩についている部分)は肩甲骨を持ち上げ

真ん中の繊維(肩甲骨の横の部分)は肩甲骨を背骨方向に引っ張り

下の繊維(背中の部分)は肩甲骨を下に下げる動作をします

 肩こり僧帽筋の関係とは?

僧帽筋への血行が悪くなると筋肉が固くなってしまい

それが俗にいう「肩こり」になります。

ただし、僧帽筋の血行が悪くなるのはその筋肉だけに原因が

あるとは限りません。

 僧帽筋が悪くなる原因とは

激しいトレーニングをしたり、よほどの肉体労働をしない限り

短時間で僧帽筋が極端に疲労することはあまりありません

主な原因は・・・

不良姿勢などによる継続的な筋肉負担によるものです

姿勢が悪いと常に軽く肩に力が入った状態になってしまうことがあります

それによりずーっと使いっぱなしの状態になり、少しずつ疲労が溜まっていく

これが僧帽筋悪化の主な要素です