ばね指の治療

 ばね指とは?

ばね指とはわかりやすく言うと指を伸ばすときにバネのように「ビーン」と勢いよく伸びてしまう症状です。逆に言うと正常な方の指であれば伸ばすときに滑らかに伸びますが、ばね指の人はスムーズに伸ばすことができず、まるでばねの運動のように一気に伸びてしまいます。
そしてその際に痛みを伴うのが特徴です。

 ばね指を放っておくと・・・

ばね指の痛みを我慢しながら繰り返し曲げ伸ばしをおこなっていると、少しずつ炎症が強くなっていくため、さらに動かしにくくなってきてしまいます。炎症がつよくなるということは当然痛みも増してきますので、もっと動かしにくくなる・・・といった悪循環が起こります

 バネ指はどうやって治していくか

ばね指の原因は指の炎症(腱鞘炎)にありますので、その炎症を抑えなくてはいけません。ばね指の状態では指を使えば使うほど炎症が強くなるため、とにかく指を使わず極力動かさない状態を作ります。ただ、日常生活の中で指を使わずに過ごすというのはかなり難しいので、指の関節を固定し強制的に動きにくい状態にします。
そして炎症治癒を促進する機器を使用します

 ばね指でお悩みだった患者様の直筆の声

画像の説明

ばね指を治療した整体師のコメントこの患者様は両手のばね指で来院されました。初見時には左手の小指、薬指に症状がきつく出ていて、指がひっかかりご自身の力で左手を開くことができませんでした。

一日の中でとくに朝起きたときに、症状がきつく出ていて、動かすのも痛い状態で、右手の小指~中指にかけても左手の初期症状の様な状態が出ていて、不安がられていました。

当院では特に症状がきつい左手の小指と薬指にソニックウェーブを使って治療していき、右手に関しては、波動電流で様子を見ていこうと伝えました。

繰り返し繰り返しソニックウェーブを使って治療していくごとに、朝の痛みがなくなっていき、動かしての痛み、圧痛もなくなっていきました。今では、痛みがすっかり落ち着いたので、波動電流のみで様子を見ようと伝えています。

日常生活での痛み等がなくなっていただきよかったです。